« 25kHzと32.8kHzの超音波センサーが見つかった~ | トップページ | オフライン環境でのmbed »

2010年10月 5日 (火)

ダイセン新発売DSR-1005のデーターシート和訳

ダイセンから新しく発売されたDSR-1005の取扱説明書が途中から英語になっています。
I2C通信の部分だけ自分のためにも和訳しましたので、必要な方は参考にしてください。
なお、もしも誤訳があれば教えてください。

I2Cの使い方 Using I²C

I2Cバスに関する詳細な説明は以下を参照してください
For a detailed description of the I²C Bus, please refer to:

そしてiM-3502のデーターシートです
And also the iM-3502 datasheet:

全方向センサーモジュールへの書き込み方法(1バイト):
Write to Omni-Direction Sensor Module (1-Byte) :

1. IICにおいて開始条件を発行します
1. Host issues a START condition on the IIC.

2.クロックを発振しながらセンサーへスレーブアドレス(0x50)を送信します。
2. Transmit the slave address (0x50) to the sensor with generating CLK.
(解説)スレーブとは子機のこと。一方親機はマスタといいます。

3.センサーからACKを受け取ってから、センサーへ命令(レジスターのアドレス)を送信します。
3. After receiving ACK from the sensor, transmit the command(register address) to the
sensor.
(解説)ACKとはアクノリッジ(acknowledge)の略。受信側がきちんと受信できたかを送信側に知らせる信号です。つまり、ACKが帰ってこなかった場合エラーということになります。

4.センサーからACKを受け取ってから、センサーにデータ(8ビット)を送信します。
4. After receiving ACK from the sensor, transmit the data(8bits) to the sensor.

5.データを受信してから、停止条件を発行します。
5. After receiving the data, host issues a STOP condition.

全方向センサーモジュールからの読み取り方法(2バイト):
Read From Omni-Direction Sensor (2-Byte):

1バイトで読むことができないため、"DEV_ID"や"REVNUM"を読み込むときには1ワードで読み込みます。
There is no Single-Byte Read Sequence, so that "DEV_ID" and "REVNUM" should be
read at word length if it would be read.

このような場合には、1ワードの上位バイトが"ゼロ"になり、有効なデータは下位バイトになります。
In this case, upper byte of the word is "zero" and
the valid data is in lower byte.

1.IICにおいて、開始条件を発行します。
1. Host issues a START condition on the IIC.

2.クロックを発振しながらセンサーへスレーブアドレス(0x50)を送信します。
2. Transmit the slave address (0x50) to the sensor with generating CLK.

3.センサーからACKを受け取ってから、センサーへ命令(レジスターのアドレス)を送信します。
3. After receiving ACK from the sensor, transmit the command (register address) to the
sensor.

4.データを受け取ってから、停止条件もしくは反復開始条件を発行します。
4. After receiving ACK from the sensor, host issues a STOP or a REPEATED START
condition.

5.開始条件を発行してから、再びスレーブアドレス(0x51)を送信します。
5. Transmit the slave address(0x51) again after making a START condition.

6.センサーからACKを受け取ってから、センサーからデータ(16ビットで最上位のビットが先)を受信します。
6. After receiving ACK from the sensor, receive the data(16bits – MSB first) from the
sensor.

7.データを受信してから、停止条件を発行します。
7. After receiving the data, host issues a STOP condition.

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

« 25kHzと32.8kHzの超音波センサーが見つかった~ | トップページ | オフライン環境でのmbed »

ロボットのハードウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1389908/37057211

この記事へのトラックバック一覧です: ダイセン新発売DSR-1005のデーターシート和訳:

« 25kHzと32.8kHzの超音波センサーが見つかった~ | トップページ | オフライン環境でのmbed »