« ダイセン新発売DSR-1005のデーターシート和訳 | トップページ | 定期テスト終了!&アクセス数5000突破!! »

2010年10月 9日 (土)

オフライン環境でのmbed

mbedとLPCXpresso(LPC1768)はマイコンが同じなので開発環境も同じと思っていたら、全然違いました。
mbedのクラウド上でコンパイルできる関数はmbed専用で、LPCXpressoでは使えません。
mbedの関数のありがたさを感じました。かなり簡単になっています。
ぼくはLPCXpressoではプログラムできません(難しい)。

さて、オフラインでmbedのコンパイルに成功した方がいらっしゃってこれで使える!と思いました。
実際にやってみたら成功しました。

ですがコンパイルが90秒以上かかりました。
mbedのクラウド上でもそのくらいはかかるのでしょうか?(mbedを買っていないので分かりません)
ぼくは書き込みが速いことを知ったからmbedをベースにロボットを作ろうと思っていました。
なぜなら、試合当日のときの調整に試行錯誤を何回もするので、書き込みの時間というのは惜しいからです。
試合当日でないときはゆっくり開発するのですが・・
書き込みの時間はオフラインでも同じく速いんでしょうが、コンパイルで90秒取られると試合当日の調整が少し厳しくなりそうです。

というわけでmbedはオンラインが前提なので、ロボカップサッカー用ロボットのベースには厳しい気がしてきました。(携帯を使うデータ通信(つまり試合会場でインターネットを使う)はお金がかかる)

Arduinoも関数で簡単に使えるようになっているので、mbedはあきらめて、結局Arduinoでやってみようと思います。
ArduinoのI2Cはスレーブアドレスが7bitということが気になりますが・・・
でもArduinoでロボットを作れそうなので。

さてさて話は変わりまして超音波センサーの周波数干渉防止についてですがPSoCというマイコンは中にアナログ回路を作ることができるそうで(ぽよこまだんな様Reverse父様ありがとうございます)、こちらもやってみようと思います(定期テスト後)。
うまくできれば25kHzと32.8kHzの超音波センサーを作れそうな気がします(想像)。

火曜から2学期中間定期テスト1週間前に突入するのでしばらくお休みします。

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

« ダイセン新発売DSR-1005のデーターシート和訳 | トップページ | 定期テスト終了!&アクセス数5000突破!! »

mbedとLPCXpresso」カテゴリの記事

ロボットのソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。Reverse父です。
mbed,32ビットですから,いいですよね。結構興味を持っていたんですが,多少高いのと,指摘のようにクラウドっていうことで試合会場でプログラムを修正しにくい(ネットが必要)ので,難しいように思います。オフラインで自由に使えるといいんですがね。クラウド上のコンパイラは素人では手がでないくらい高額の本気コンパイラのようです。同じcortex-M3のstbeeやmapleなんかも興味がありますが,難しそうだったり,開発途中だったりします。で,結局Arduinoかな,と。チップ買ってブートローダ書き込めば自作も簡単です(うちではロボットの全arduinoが娘の自作です)ブートローダいじらない場合は,最低限AVR以外コンデンサ4個,抵抗1個,クリスタル1個だけですから。いじればクリスタルも不要です。I2Cは,これまで使っていた8ビットのアドレスを1ビット右シフトするだけで使えます(ArduinoではLSBのR/Wビットを書かない,っていうかライブラリが処理しちゃうんで)ので,安心して移行してください。

そういえば,会場ではプログラムを変更せずに,設定値だけ変えるのであれば,シリアル通信で設定を送ったり,値を受け取ったりできるようなコマンド処理体系をロボット側に自分で仕込んでおけば,mbedもありかも知れません。TJ3もシリアルコマンド使えるようになっていますよ。terminalからコマンドたたけばいろいろ返してくれます。mbedの場合にはシリアルじゃなくってEtherを使うとか。この辺をうまく使うといいかも。

なるほど!
ありがとうございます。
でもプログラムをオフラインですぐに変えれないと厳しいので、Arduinoでがんばってみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1389908/37152265

この記事へのトラックバック一覧です: オフライン環境でのmbed:

« ダイセン新発売DSR-1005のデーターシート和訳 | トップページ | 定期テスト終了!&アクセス数5000突破!! »