« PSoCマイコン | トップページ | PSoCでのビットフィールド »

2010年10月29日 (金)

PSoCでLEDチカチカ

「PSoCマイコン・スタートアップ」という本に付属されているCY8C21434が実装されている基板を使ってLEDをチカチカさせてみました。

まずはPWMブロックを使って500msごとにチカチカさせました。

次に、本には書いてありませんがいろいろやってみようと思ってPWMブロックを2個使って
500ms消灯→500msの間5回点滅→
と繰り返すようにブロックを配置してみました。プログラムはPWMブロックを開始させるだけです。

さて最初点灯してしまうのです。
何でだろうと思ったら数Aで習ったド・モルガンの法則を忘れていました。
~A_OR_~BはA_NAND_Bと同じなのです。A_NOR_Bは~A_AND_~Bと同じです。
原因は~A_OR_~BとA_NOR_Bが同じだと誤解していたからでした。

まさかここで数Aが役に立つとは・・・

あとたとえばロボットが右前にボールを発見したときに、右に行く場合、ボールの真後ろまで距離は、発見時のボールまでの直線距離と角度とcosθを用いて求められますね。(文章で分かりにくくてすみません)

眠いのでこの辺で・・・

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

« PSoCマイコン | トップページ | PSoCでのビットフィールド »

PSoCマイコン」カテゴリの記事

コメント

質問です。RCJのマイコンは何をつかわれる予定ですか?

メインコンピューターはArduinoの予定です。
PSoCマイコンは干渉防止のために25kHzと32kHzの超音波センサーを作るために使う予定です。それでArduinoとPSoCとはI2C通信でつなげる予定です。
でも、どれも全然進んでません。

なるほど...ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1389908/37435767

この記事へのトラックバック一覧です: PSoCでLEDチカチカ:

« PSoCマイコン | トップページ | PSoCでのビットフィールド »