« イスタンブール5日目 決勝進出決定 | トップページ | 番外編 イスタンブール1日目~1人でお買い物できるかな?~ »

2011年7月11日 (月)

イスタンブール6日目 世界第2位

こんにちは。顧問です。

2011年7月10日(日)の記録

トロフィーを前に世界第2位の笑顔!
P1010625

7時47分会場着、タクシーは10.85TKL、11TKL支払。

本日の決勝トーナメント開始は8時半。
スーパーチームのチームメイトおよび第1試合の対戦相手は次の通りです。
3つの試合が同時に、9時から行われます。
Hong Kong2(ホンコン) vs. EMM-SK(中国)
E^π+1(ZERO) (日本) vs. Iran-Helli Soccer B(イラン)
KURU-MIRA (日本) vs. H3LLI-Nice&Slow(イラン)
KURU-MIRAは、ジャパンオープン(全国大会)の決勝トーナメント初戦で対戦。かなり苦戦をさせられたチームです。中学2年生と小学4年生の兄弟チームです。部長が色々参考にさせてもらったりして親しくしているチームの一つです。スーパーチーム仲間として心強いです。
P1010465

ZEROの対戦相手のポスターは下の写真です。
スペックがあまり書いていないのでよくわかりません。
P1010462

今、9時からの準々決勝戦を終えて、メンター席に戻ってきました。まだドキドキしています。結果は接戦で勝ちました。10点前後で終了2分前まで同点でした。
相手のスーパーチームはイラン、イラン、中国の組み合わせですのでイランチームの大勢がコートを取り囲みうろうろしました。そして、コートの端で動けなくなっている自チームの機体をコートに戻します。キャプテンしか機体に触ってはいけないルールになっているのですが。また、外に出たボールを戻す位置の指示ができるのもキャプテンだけですが、お構いなしに声が飛びます。さらに、中国がコート横を陣取ります。審判が初めは注意をしましたがあまり聞き入れていないようでした。
P1010513 
しかし、日本チームは冷静でした。手を出されるたびに「Don’t touch.」と言うことで、審判にアピールしながら試合を進めていました。結局審判からの警告はありませんでしたが、このような積み重ねが大切だと思いました。我々大人は何もできません。自分たちでルールを熟知し、アピールして交渉を進めていくことが求められているのです。終了後もそれぞれの分担に従って、得点状況を共有し合いレフェリーの得点表にサイン可能かどうかの判断をしてからサインをしていました。

今、11時45分です。11時からの準決勝戦が終わったのですが、まだ勝敗が分かりません。
ZEROの相手はシンガポールのチームでした。隣のコートで試合をしていたスーパーチームメートのKURU-MIRAは勝ちました。一方のスーパーチームメートのHongKong2は、大差で負けたようです。ZEROはというと、審判の判定は同点。しかし、何かあったようで、サインをせずにチェアーマンの裁定を仰ぎに行っています。

P1010517

12時10分です。まだドキドキドキドキしています。決勝戦進出が決まりました!結局、同点の裁定が下され、延長戦が行われました。延長戦はいわゆるVゴール制で行われました。相手チームの押し込んだボールがZEROのゴールへ入り周囲からは歓声とあ~の声が聞こえました。しかしプッシングでノーゴール。その直後ZERO側のコートから機体にあたったボールが一直線に相手側のゴールへ。一瞬にして試合終了。14:13でZEROの勝ちとなりました。

今、14時30分です。13時からの決勝戦が終わり、しばらくたったところです。ZEROはポルトガルと対戦。ポルトガルは1台での出場でした。しかし、結果は12:14惜しくも敗れました。素早い動きとゴールに向けての的確かつ強力なキック力を持っていました。、部長によると方向制御のプログラミングなど学ぶべきことは多いそうです。

P1010530

試合終了時にはカーペットが大量にまきついています。思い通りに動けない原因です。
P1010533

ジュニアのメンバーたちと記念写真。
P1010541 

スーパーチームの世界2位.になりました。
P1010551

表彰式です。

P1010599 

スーパーチーム、世界第2位のメンバー。
P1010619

   

« イスタンブール5日目 決勝進出決定 | トップページ | 番外編 イスタンブール1日目~1人でお買い物できるかな?~ »

顧問」カテゴリの記事

コメント

CIAOのチャッキーです。


第2位おめでとうございます。

同じブロック同士なのでぼくも嬉しいです。

来年も出場されるのですか?

どちらにせよ、今後もよろしくお願いします。

本当におめでとうございます。

世界2位のトロフィーを前に、まだ夢のようです。
ファイナルのスーパーチームはどこも強いところばかりだったので、
Zeroのお兄さんたちと仲間でうれしかったです。
イスタンブールではお世話になりました!

Hi guys, How u doing? Did u return your home? How was ur trip? See u again ,
Ergem

ようやったな。わてもうれしいで。
よう思い出したらサンダースおじさんはタイガース優勝したから道頓堀川に放り込まれたような気ぃするわ。せやから、今回だけは許したる。

と、冗談はともかくジャパンでもお会い出来て大変うれしかったです。さらには終に世界 2 位 !!! おめでとうございます。今後も応援させて頂きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1389908/40762728

この記事へのトラックバック一覧です: イスタンブール6日目 世界第2位:

« イスタンブール5日目 決勝進出決定 | トップページ | 番外編 イスタンブール1日目~1人でお買い物できるかな?~ »