« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月11日 (月)

番外編 イスタンブール1日目~1人でお買い物できるかな?~

こんにちは。
顧問です。

これは、2011年7月5日(火)、イスタンブール到着日に記録していたものです。

イスタンブール旧市街へ顧問1人で冒険に出かけることにしました。(写真は、旧市街地を写したものではありません。)

P1010276

部員たちは、ホテルで機体の調整です。
ミッションは、旧市街で部員たちと食事のできる場所を探すこと。
しかし、実際に食事をせずに英語が通じない(つまり料金も書かなきゃわからない)ところでのリサーチはハードルが高すぎると判断。持ってくるのを忘れたウェストポーチを買うことに勝手に目的変更。

題して「一人でお買い物できるかな?」
この目標を達成するためには、次の下位目標を達成しなければならない。
(1) 駅にたどり着く。
(2) 目的地へ向かう電車に乗る。
(3) 目的地で降りる。
(4) お店を探す。
(5) 値段を交渉する。
(6) 決めた時間(18時)までに戻る。
幼児体験的な目標であるのは明らか。しかし、実際にはこれらの下位標達成のために、さらなる行動が出来る必要がありました。

(1) 駅にたどり着く。
朝、ガイドが聞いてくれた駅に向かう。しかし駅舎らしいものが見えない。片側2車線の広い道路しかない。道路工事のおじさんに地図の駅を示す。地面をさして、「ここだ」とのジェスチャー。顧問はさらに駅を示す。すると、来た方向と逆を指さし何かトルコ語の単語を連発。そして地下をくぐれ、とのジェスチャー。顧問は、さっぱりわからないのジェスチャー。おじさんは、自分の両目の前で両手でグーパーを繰り返す。どうやら先ほど通った信号のことのようだ。そこへ電車が道路の向こう側に見え、停まった。なんと、道路に沿って線路があり、防音壁の向こうに駅があったのだ。おじさんにお礼を言って(わかったかな?)駅に向かった。

P1010245

地下道をくぐるといきなり改札。行き先の駅の地図を見せると駅員はホームを示してくれた。切符はどこで買うの?そこで顧問は「ticket」という。駅員は1.75TKL(トルコリラ) と書いた紙を示す。え?、それ以外の紙ないやん。均一料金?この路線、20駅ほどあるんですが・・・。空港で1TKL50円ほどで交換したので90円弱。20TKL紙幣を渡したら、札とコインでおつりをくれた。でも切符をくれない。次の人が来たので見ているとやはり切符は渡さない。でも改札機にコインを入れて通って行く。どうやらおつりの中に改札用のコインがあるらしい。さらに次の人を見ていると、最初に1円玉の4分の3くらいの大きさのコインを渡してからおつりを渡している。そしてそのコインを改札機に入れるのを確認。自分の小銭入れの中にそれらしいコインを発見。よし、これで改札を通れる。改札機のコインを入れるスリットは500円玉も入るくらいの大きさ。ほかに入れ口があるかちょっと不安だったが無事通過できた。

(2) 目的地へ向かう電車に乗る。
電車は、5分ほど遅れて到着。ドアは開きっぱなしで電車が停まる前から人が降りてくる。

P1010255

どうやら乗客が力ずくでドアを閉めずに風を通しているようだ。電車は時速3,40キロほどでのんびり走る。10駅目が目的地Silkci。終点だから乗り越しの心配なし。途中、電車が倒れるかと思うほどローリングするところもあった。車両の雰囲気や駅の横に積まれている鋼材などの雰囲気が昭和40年代前半の日本を思い出させる。古い車両や駅舎が重工業の成長に伴って改修されていく頃にあたるような・・・。

(3) 目的地で降りる。
30分ほどで終着駅に着いた。そして降りた。というわけで下位目標(3)を軽くクリア。

P1010265

(4) お店を探す。
駅を出てすぐのところにinformationがあった。おばさんに声をかけ、旧市街のマップをもらう。勝手に買い物にミッション変更しているので、ぶらぶらしながらポーチを売っている店を探そう。マップは現在地の確認のためだ。
ところで、観光客が多いが地元の男の人も多い。とにかく日陰に集まって道行く観光客を見ている。あるいはお茶を飲んでいる。平日の昼間なんですけど。もちろん○○先生は今頃(日本時間20時頃)はまだ明日からの試験問題を作っているんやろうなぁ、なんてことは思いませんでした。

P1010277

(5) 値段交渉する。
すぐに道端で、ポーチ売りに遭遇。ポケットが多くデザインは気に入った。値段を聞くと25TKL(1250円)。買おうかと思ったけれど、リサーチのためその場を離れた。サンダルも欲しかったので何軒かのぞいてみた。10TKLの表示。皮製だけれど底は合成底ばかり。その方がいいのだろうけれど、革底が見当たらない。かといって革底を見たいと言って、出てきてから断るのも難しそう。思い切って、店に入ってみた。合成底だけど見た目が良かった。値段を聞いたら35TKL。日本でも買えるかも。やっぱりリサーチのため店を出ようとすると、「いくらなら買うんだ」みたいなことを聞かれた。ひやかし、リサーチと最初にいっときゃよかったのかもしれないけれど、言っても仕方ないかも。悪い観光客と思われているかな、と思いながら「I’m sorry.」と言って店を離れた。

P1010280
   
このあと、グランバザールを探検、地元のお菓子や授業で使おうと海綿を購入。握りこぶしほどの海綿が34TKLはどうなんだろう?
トルコ大学近くの革細工屋さんのショーウィンドウにセンスのいいベルトを発見。眺めていたらおじさんが声をかけてきた。バザールでもそうだがパターンは似ている。
① にこやかに、近づいてきて身につけているものなど何かを褒める。
② 親戚、おじいさんが日本人とか、日本に知り合いがいるという。そして握手。
③ 何かヘルプが必要か、と聞いてくる。
④ (買う気はないと言っても)興味あるものを言うと「OK」といって店内に招き入れる。
⑤ 買わない、と言っても「No problem」といって招き入れる。無理やりなことはしない。
⑥ 入ると商品の説明(たぶん)、そして量り売りの商品なら重さを量る。
⑦ 単価の表示がわからないまま電卓をたたかれ値段が出てくる(重さを量る根拠がわからない)。
⑧ あとは、買うか買わないか、値切るか。
⑨ 買わないというと、いくらなら買うのか、なぜ買わないのか、と聞かれる。
顧問の場合、そんなに大金がないことを伝えた。一軒だけ示された金額の半額くらいしかもっていないというと、あからさまに不快な顔をされてしまった。まぁ、高級店に入ったから本当に入るところを間違えましたと言いたかったけれど、伝えられませんでした。

P1010282

ちょっと、お店の人に悪いことしてるなぁ、と思いながらも最初に出会った道端のポーチ屋でウェストポーチを買うことに決めた。売り子は物静かな20歳代の青年。彼は英語で数字が言えない。紙に20TKLと書いて示したら25と書いて返してきた。ドルならどうだ、と言ったら16と電卓に打ってきた。ほしかったのであっさり25TKLでOKして購入。多くの店で気さくに話しかけてくれて握手をしてもらってきたので彼と握手して別れた。
結局、値段交渉らしいことはできず。この項目の評価は5段階で2くらいか?ひょっとして、観光客の冷やかしとしてあるまじきことをしているのか?

P1010290

(7) 決めた時間(18時)までに戻る。

地図を示しては現在地を確認しながら歩いたり、コンパスで方位を調べながら歩いたので、駅には予定通り16時半頃に戻れた。楽々改札を通過、到着時に調べておいた発車時刻の16時45分まで10分ほどあったのでトイレへ行くことに。駅員に尋ねると改札の外とのこと。出口から出ろという。ちょっと不安な顔をすると「No problem」との返事。トルコの人は、みんな親切だ。
用を済ましてトイレから出ようとしたとき、出口に改札口みたいなものがあるのに気づいた、と同時に中からおじさんが「Sir」と呼びかける。おっと、チップが必要だ。幸い1クルシュ(百分の1TKL)あったので、サンキューといって渡した。

電車は、10分遅れで発車。3,4駅過ぎたあたりから停車時間が5~10分かかるようになった。最後のひと駅をやっと出発したと思ったらすぐに停車、かなり待たされてから今度はバックして反対側のホームへ。皆一斉に降りていく。このまま折り返してまた旧市街へ戻るのか?放送では何か言っているがわからない。様子を見ている間に大勢が乗り込んできた。いよいよ旧市街へ向けて発車か?力ずくでドアを開けたままにしていつでも降りられる体制を整える。しかしさっきも乗っていた人を発見して安心。10分ほどして発車。いつまでたっても左側通行(トルコは右側通行)で列車は進む。正面衝突するかも、とドキドキしながら右側の線路を見ていたら、突然下半身のない女性のマネキンがころがっているのが目に入った。まさかこんなんで電車が遅れるかぁ?と思ったけれど頭が割れていて、中に赤いものが見えた。乗客で気がついた人はあまりいなかった様子。犠牲となった人には申し訳ないけれど、マネキンのように見えたのであまりショックはない。結局1時間20分ほど乗車して駅に着いた。急ぎ足でホテルに着いたのが、18時14分。目標達成ならず。

生徒たちは、ほかのチームのみなさんと食事に行く話を進めていた。18時15分まで待って戻らなければフロントにメッセージを残して出発とのことであった。携帯世代にとって、携帯なしでのこれからの数日だが、上出来のようだ。

イスタンブール6日目 世界第2位

こんにちは。顧問です。

2011年7月10日(日)の記録

トロフィーを前に世界第2位の笑顔!
P1010625

7時47分会場着、タクシーは10.85TKL、11TKL支払。

本日の決勝トーナメント開始は8時半。
スーパーチームのチームメイトおよび第1試合の対戦相手は次の通りです。
3つの試合が同時に、9時から行われます。
Hong Kong2(ホンコン) vs. EMM-SK(中国)
E^π+1(ZERO) (日本) vs. Iran-Helli Soccer B(イラン)
KURU-MIRA (日本) vs. H3LLI-Nice&Slow(イラン)
KURU-MIRAは、ジャパンオープン(全国大会)の決勝トーナメント初戦で対戦。かなり苦戦をさせられたチームです。中学2年生と小学4年生の兄弟チームです。部長が色々参考にさせてもらったりして親しくしているチームの一つです。スーパーチーム仲間として心強いです。
P1010465

ZEROの対戦相手のポスターは下の写真です。
スペックがあまり書いていないのでよくわかりません。
P1010462

今、9時からの準々決勝戦を終えて、メンター席に戻ってきました。まだドキドキしています。結果は接戦で勝ちました。10点前後で終了2分前まで同点でした。
相手のスーパーチームはイラン、イラン、中国の組み合わせですのでイランチームの大勢がコートを取り囲みうろうろしました。そして、コートの端で動けなくなっている自チームの機体をコートに戻します。キャプテンしか機体に触ってはいけないルールになっているのですが。また、外に出たボールを戻す位置の指示ができるのもキャプテンだけですが、お構いなしに声が飛びます。さらに、中国がコート横を陣取ります。審判が初めは注意をしましたがあまり聞き入れていないようでした。
P1010513 
しかし、日本チームは冷静でした。手を出されるたびに「Don’t touch.」と言うことで、審判にアピールしながら試合を進めていました。結局審判からの警告はありませんでしたが、このような積み重ねが大切だと思いました。我々大人は何もできません。自分たちでルールを熟知し、アピールして交渉を進めていくことが求められているのです。終了後もそれぞれの分担に従って、得点状況を共有し合いレフェリーの得点表にサイン可能かどうかの判断をしてからサインをしていました。

今、11時45分です。11時からの準決勝戦が終わったのですが、まだ勝敗が分かりません。
ZEROの相手はシンガポールのチームでした。隣のコートで試合をしていたスーパーチームメートのKURU-MIRAは勝ちました。一方のスーパーチームメートのHongKong2は、大差で負けたようです。ZEROはというと、審判の判定は同点。しかし、何かあったようで、サインをせずにチェアーマンの裁定を仰ぎに行っています。

P1010517

12時10分です。まだドキドキドキドキしています。決勝戦進出が決まりました!結局、同点の裁定が下され、延長戦が行われました。延長戦はいわゆるVゴール制で行われました。相手チームの押し込んだボールがZEROのゴールへ入り周囲からは歓声とあ~の声が聞こえました。しかしプッシングでノーゴール。その直後ZERO側のコートから機体にあたったボールが一直線に相手側のゴールへ。一瞬にして試合終了。14:13でZEROの勝ちとなりました。

今、14時30分です。13時からの決勝戦が終わり、しばらくたったところです。ZEROはポルトガルと対戦。ポルトガルは1台での出場でした。しかし、結果は12:14惜しくも敗れました。素早い動きとゴールに向けての的確かつ強力なキック力を持っていました。、部長によると方向制御のプログラミングなど学ぶべきことは多いそうです。

P1010530

試合終了時にはカーペットが大量にまきついています。思い通りに動けない原因です。
P1010533

ジュニアのメンバーたちと記念写真。
P1010541 

スーパーチームの世界2位.になりました。
P1010551

表彰式です。

P1010599 

スーパーチーム、世界第2位のメンバー。
P1010619

続きを読む "イスタンブール6日目 世界第2位" »

2011年7月10日 (日)

イスタンブール5日目 決勝進出決定

2011年7月9日の記録

こんにちは。顧問です。

9時、第1ラウンドが行われました。
対戦相手はCOMPLUBOT(スペイン)。
P1010486 

機体の完成度が高いようです。
P1010468

ZEROの機体では基板の配置を考えてメンテナンスのしやすさを工夫しています。彼らの機体でもメンテナンスのしやすさには工夫がありました。
P1010473

彼らの機体は速さ、動き、ボールトラップ、シューターとその方向などがある程度のレベルでバランスが取れているようでした。トラッピングからの得点率が高かったように思います。
P1010470 

前半は5:4でいい勝負をしました。後半でZEROのオムニホイールが崩壊し機体の動きが悪くなって負けました。

ラウンド2までの間に、顧問はショッピングセンターまでメンバーの昼ごはんを買いに行くことにしました。ホイールの修理はかなり手間がかかりますので。

メンバーのリクエストはサンドイッチとハンバーガー。ドネルのテイクアウトができる店は、昨日リサーチしてたんだけれど・・・。また、幼児体験することに?

ドネルの店へ行って、「Take out. Sadwitch.」というとOKという返事。でもサンドイッチが見当たらない。店員に再びいうと要領を得ない。ほかのフードコートは、準備中やテイクアウトができそうにない雰囲気。外に出てオープンカフェへ行ってみた。

ショーケースに何もなかったけれど、3人の若者(店員)に「Sandwitch and Hunberger.」と声をかけた。OKというので、「Two sandwitches and three humbergers」と言った。ジュースを選べというので各種コーラとオレンジジュースを5個カウンターに並べた。一人の若者が「Why?」という。顧問はなんでいろいろな種類のコーラを選ぶんだ?と言ってるんだと思った。これがあとで面白い展開に・・・。とにかく説明の言葉が出ないので、首をすくめて笑っておいた。サンドウィッチがでてきて袋に入れ始めたので、紙に書いてもらった20.5TKLを支払った。7TKLくらいと思っていたので安いと思いながら店を出た。

外で念のために中を見るとサンドウィッチが2つしかない!そりゃ安いはずだ。ハンバーガーを忘れているのかな、と思い店に戻って「more three humberger」と告げた。すると品切れとのこと。そこで「more three sandwitches.」と言った。お店のママが新たにサンドイッチを作り始めたので待つことに。若者が4TKLという。やけに安いと思ったけれどとにかく支払う。若者がどこから来た?と聞いたのでJapon。Kyotoと言ったらしらなさそうだった。Tokyoと言ったら反応あり。そうこうするうちにサンドイッチが出てきたが1個だけ。どうやら全部で3個だと思ったようだ。顧問:「more two sandwitches」、ママ:「Oh,God!」、若者は4TKLの請求。どうやらmoreという英語は知らないようだ。そこで、先に買ったジュース5個を並べ、サンドイッチを対応させてカウンターにおいた。今度は8TKLの請求。やっと通じた。そして若者たちと大笑い。初めにジュースを買った時のWhyは、なんでそんなにたくさん買うのか?だったようだ。
ママがサンドイッチを作っている間に、若者の一人が顧問が首からかけていたマイクロ双眼鏡に気付いた。若者:「何だそれは?」、顧問:「SOUGANKYOU」(差し出す)、若者:「Oh、NIKON.How much?」、顧問:500TKLと紙に書く(1ケタ間違い)。$250と訂正、若者:(覗きはじめる)、ほかの若者も見始める。
このとき、顧問は一昨日からZEROのメンバーで話題になっているトルコ語の「ありがとう」を教えてもらうことを思いついた。旅行本を見てカタカナで何回も唱えるのだが、しばらくすると誰も覚えていない。言葉が少し長いので、リズムがつかめないと覚えられないのだ。
顧問(突然に):「What do you say,Thank You.,in Turkey?」、若者:「???」、顧問:「テテッケシュルジュ(覚えていないから旅行本のカタカナ発音とも全然違う)」、若者:「???」、顧問:「Thank you、in Turkey」、若者「(それらしい発音)」、顧問「(ちょっと違う発音)」、若者たち:(笑い)、顧問:(紙とペンを差し出す)、顧問:「テシェキューエディリィム」、若者:「OK、OK」。
そこへママがサンドイッチを持ってきた。ママをはじめ一人ずつに握手と「テシェキューエディリィム」。そして彼らも私もにこやかに大きく手を振った。いやぁ、楽しいお買い物でした。(写真は若者の1人、イーサン、右後ろはママ、母親かどうかは知りません。)

P1010494s

会場に戻って、第2、第3ラウンドの対戦を確認。掲示板ではZEROは試合がない模様。しかし、メンバーに聞いてみると第2ラウンドはあるとのことでした。

13時、第2ラウンド対戦開始。対戦相手のチーム名が掲示板ではわかりません。機体にmexicoの文字が見えました。20得点くらいで圧勝しました。

第3ラウンドは、ZEROは試合なし。
結局、予選リーグは7勝1敗となります。

ず~と待って20時頃、決勝進出チームの発表がありました。上位24チームが決勝進出でした。決勝トーナメントもスーパーチームで行われます。チーム勝率とスーパーチームの勝率のトータルで8番手くらいの位置にいるような感じでした。

2011年7月 9日 (土)

イスタンブール4日目 本日も全勝

2011年7月8日の記録

こんにちは。顧問です。

8時前、会場到着。
今日のスーパーチーム対戦は、次のようになりました。
e^π+1(ZERO) vs. AIRS
UNAM CCH HNAUCALPAN vs. EMM-MC
The Rockey vs. Memristors

10時、第1ラウンド開始。
昨日のスーパーチームメイトのAIRS(日本)と対戦です。
途中、故障し、1台で戦う場面もありましたが、17:6で勝つことができました。
P1010414

続くスーパーチームのチームメイトも33:0で勝ちました。最後のチームは0:5で負けでした。
この あと、第2ラウンドの対戦をスーパーチームメイトと相談した結果、強いAIRSとはZEROに戦ってほしいということで話が進みつつあるということでした。

12時、顧問は昼食に出かけました。ZEROのメンバーたちは、機体の修理があるので会場のフードコートで食べるとのことでした。下の写真はホウレンソウにチーズがのっているものです。7TKLでした。

P1010420

写真右上の青いカップはAyranです。昨夜の夕食で薦められた飲むヨーグルトです。昨夜もそうでしたが、まったく甘みがありません。砂糖を入れたいのですが、地元の人にしてみれば、緑茶に砂糖を入れるようなものでしょうね。

さて、第2ラウンドはUNAM CCH HNAUCALPANとの対戦でした。
今度は、故障もなく順調な動きをしていました。
P1010443

20点以上とれたと思います。許した得点は1点。確かオウンゴールだったような気がします。
しかし、この試合では第3ラウンドの波乱の予兆がありました。
試合前に主審が話しをしたことの確認をするために、何度か部長が質問をしました。そうしたところ退場をくらってしまいました。判定に不服を唱えたのではなく、試合前に確認の質問をしたところをほかの主審から退場を命じられたのです。顧問は日本語しかわからないので理由はよくわかりません。でも、部長は何も異議は唱えずに退場しました。写真でもわかりますが、機体のスピードが全然違うことを第1ラウンドでわかっていたからだと顧問は想像しています。

17時、第3ラウンド。再びAIRSとの対戦でした。
試合結果は11:2で快勝。でもそこへたどりつくまでには大波乱がありました。

いえいえ、機体の不調 とかそんなことではありません。試合終了時に、試合結果の記録シートを確認しお互いのチームのキャプテンがサインをすることになっています。最初にサインを求められたZEROがそれを拒否したからです。AIRSが先にサインを求められればやはり拒否したかもしれません。理由は二つ。(1)得点が違う。(2)試合時間が2分以上短い。(1)については、左右のチームを途中で間違って記録していたような感じでした。(2)については主審が時計を見てそのことを認めてくれました。

そこで、(1)については互いのチームが撮影したビデオを前半、後半で分担して、それぞれ各チーム2人づつ出し合って確認しました。(2)については、2分間の試合をしました。

P1010449

私がえらいぁ、と思ったのは、このような解決策を自分たちで考え提案し大人(審判)を説得したことです。審判の立場では判断できない内容であると彼らが感じた場面では、チェアマンを自分たちで呼んできて説明(英語で)し、判断を仰いだ場面もありました。

初日に審判のボランティアを募っていましたので、不慣れな方が審判をしてくださっていたのなら、御苦労をおかけしているなぁ、という思いが私も生徒にもありました。ですから、最後はがっちり握手して終われました。

続きを読む "イスタンブール4日目 本日も全勝" »

イスタンブール3日目 夕食

2011年7月7日の記録

こんにちは。顧問です。
連日寝不足です。
5つ星のホテルに宿泊していますが、寝るために帰るだけのような生活が続いています。
プールやフィットネスクラブがあるのですが、縁のない生活です。
しかしコインランドリーはありません。クリーニングに出すのが当たり前のホテルです。顧問は出せませんが・・・。あと何日間かの服を何とかしないといけません。

さて、3日目の夕食は、ホテル近隣のレストランへ行きました。長野高専の先生と生徒と一緒に8人で出かけました。私は、少しホテル前で立ち止まって近隣の様子を見ていたのですが、ホテル前のお店は私が勝手に想像するトルコらしいお店であることに気付きました。水煙草をふかしながら、マージャン(?)のようなものをしている人やダイスをしている人など夕刻を友達と過ごす人たちがいるお店でした。
P1010407

イエシュルユルト駅までの途中、5分ほど歩いたところにスーパーやレストラン、食料品の小売店が数軒並んでいます。トルコ料理のファストフード店のようなお店もありました。
メニューを見せてもらっておよその価格帯を確認し、少し高級なトルコ料理の店に入りました。屋根がついた屋上というよりも部屋のような感じでしたが、風通しのよい最上階に案内されました。シックな雰囲気でトルコ料理を楽しみました。
残念ながら写真を撮り忘れました。風船のようなパン、アイランドという飲むヨーグルト、オーブンしたラム肉、サラダなどを頼みました。8人それぞれいろいろ頼みましたが、トータルで22,000TKL 220TKLでした。1時間強いましたが、チャイをゆっくり飲みながらもっといたかったです。9時半を過ぎて暗くなりましたので、8人まとまってホテルへ戻りました。海外では明るいうちにホテルへ戻るのが原則ですよね。

イスタンブール3日目 セキュリティータクシー

2011年7月7日の記録

こんにちは。顧問です。
昨夜(7/6)は22時を過ぎていたので、タクシーがなかなかつかまえられない状況でした。メーターを回さないタクシーと値段交渉して帰りました。苦労と怖い思いをしました。

なので今日は、19時半で明るいうちに出ました。でも、タクシーはつかまえにくい状況でした。ちょうど警備員の退勤時間だったので、警備員が乗せていってくれるということになりました。生徒が「How much?」と聞くと、25TKLとのこと。親切ならお金を取らないだろうと、ちょっと心配な気もしましたが、職員証を見せてもらい、車の写真も撮ったので、あとは善意と信じて車内で陽気に接しました。P1010406

ホテルの入り口で、いつもならトランクチェックを受けるのですがセキュリティーである彼の車はフリーパスでした。ホテルマンから見えないようにこっそり謝礼を払い、がっちり握手してわかれました。

2011年7月 8日 (金)

イスタンブール3日目 試合開始

こんにちは。顧問です。

会場にネット環境がありませんので逐次アップができません。
しかし、後でまとめて書く時間がとれません。だらだらとした文章で読みにくいでしょうが、お付き合いください。

会場入り8時。
本日が試合初日。
試合は、抽選で組み合わせた3ないし2チームが組んだスーパーチーム同士で行います。
1日に3ラウンドを行います。

本校のチームe^πi+1(ZERO) (以降ZEROと略します。)は、AIRS(日本)とスパーチームを組むことになりました。対戦相手はVelasrandy と Leonard のスーパーチームです。今のところ対戦相手の国がわかりません。本校が日本のチームとスパーチームを組むことになったのは偶然と思われます。

第1ラウンド 10:00 ZERO vs. Velasrandy
10:30 AIRS vs. Leonard
です。あと1時間後に試合開始です。
第2ラウンド14:00、第3ラウンド17:00開始です。

10時、試合開始ZERO vs. Velasrandy
P1010385_2 
得点板がないのでよくわかりませんが、比較的大差で勝ったと思います。
残念なことにVelasrandyは、1台で戦っていました。
続いてAIRS vs. Leonard です。AIRSの健闘を祈ります。
なお、Leonardはイタリアのチームでした。
試合後、ZEROチームは機械的な修理があるとのこと。顧問は一人で食事へ・・・。
P1010396
13時、第1ラウンドの得点が掲示されていました。
比較的大差と思っていたのですが11:10の記載。ポイントも1:1
そんな接戦やったかなぁ。ポイントも勝ち点1。なんか変?
続いて行ったAIRS vs.  Leonardは、14:11。ポイント3:0
やったぁ。
1時間後の14時半から第2ラウンドです。
今度は、AIRS vs. Velasrandy
ZERO vs. Leonard で対戦です。

どうやら得点の記載が間違っている模様。20:10のようです。すでに生徒たちは訂正の申請をしたようです。

14時半 ZERO vs. Leonard
28:3で勝ちました。
P1010402

このあと800mほど離れた所にあるショッピングセンターへ生徒たちへの差し入れを買いに行きました。
P1010404

17時25分
試合直前ですが、イラン(Iran-Teheran-Farzanegan High School)の女の子が何やら話をしに来ました。いつもながら感心するのはどんな時でもちゃんと話を聞く姿勢です。

P1010405
2,3分で話は終わったようでした。

17時半
不戦勝。Velasrandyは、モータードライブが焼けてしまったようです。第1ラウンドも1台で戦っていましたが、それもついにダウンしたようです。彼らもはるばるやって来たのに力が出せなくて気の毒に思います。明日、修理ができているといいのですが。

続きを読む "イスタンブール3日目 試合開始" »

イスタンブール1日目(7/5)夕食

こんにちは。
顧問です。
到着1日目の夕食は、タクシーで10分ほどのところにあるショッピングセンターのフードコートへ行きました。奈良高校の生徒3名と先生、長野工業高等専門学校の生徒2名と先生、本校の生徒4名と私、総勢12人で3台のタクシーに分乗していきました。タクシー代は8.5TKLほど、チップは小数点以下切り上げと聞いていたのですが、10TKL渡して握手して下車しました。
フードコートは、マクドナルドやケンタッキーがありました。それらの中でトルコ料理のファストフード店があったのでそこにしました。ほとんどお客さんが入っていなかったのに、我々が入った店だけが急に忙しくなりました。店長は大喜びしていました。

P1010283_2
上の写真は、グランバザールのものですが、この肉の塊をそぐようにして切り取り、味付けして出てきます。イスラム圏なので豚肉ではなくラム肉(?)だったかな。
P1010295_2
顧問は、これをいただきました。肉の下はピラフやパンなどいろいろな組み合わせがありました。飲み物は、コーラなどもありましたがチェリージュースを頼みました。肉の上に乗っているのはトウガラシ、Biberというそうです。当たり外れがあり、メンバーの中でも涙が止まらない人とそうでもないよ、という人がいました。お店の人に顧問がこれは何か?と聞いたのでBiberiと教えてくれたのですが、おまけにさらに5本ほど焼いたものを持ってきてくれました。涙を流して(喜んで?)いるメンバーに店員たちは大笑いしていました。
ロボカップジュニアは、コミュニケーション力が重視されています。長年そのような環境で育ってきた各チームのメンバーたちですので、賑やかに、店中が盛り上がって食事の時間が過ぎていきました。
帰りもタクシーに分乗してホテルに戻りました。1台がボッタクリのタクシーだったそうです。ホテルに入らず道端で停車し、50TKL要求したそうです。大きな声で「How much?、Why?」を連発していたら,40,20,10TKLと下がったそうです。生徒の一人は、タダでもよかったんだけど、と強気なことを言っていました。
P1010299_2

顧問としては、無事でよかったと思いました。

続きを読む "イスタンブール1日目(7/5)夕食" »

2011年7月 7日 (木)

イスタンブール 往路報告

こんにちは。
顧問です。
今日(7/6)は、時間があるので出発から到着までの報告をしておきましょう。

7/4(月)17:50集合
左から2人目は見送りに来てくれた2年生。
P1010176s_3

関空で、同行メンバーと合流。
おっと、こちらは搭乗機のTK(トルコ航空)クルー。
P1010182_2

22:30に定刻通り離陸。
現地時間7/5(火)5:30(日本時間7/5 11:30)イスタンブール着。
P1010200_2

快晴のもと、レストランのテラスに出てプールとマルマラ海を眺めながら朝食。
マルマラとは大理石marbleのことだそうです。
P1010215

近所を散策し、食糧などの調達場所を確認。
P1010230

このあとZEROのメンバーは、ホテルのネット環境を確認、機体(ロボット)の調整をはじめました。
顧問は、明日以降の夕食場所のリサーチにイスタンブールの街中へ。
P1010276_2

ホテル近辺は、空港や会場に近いのはいいのですが、郊外の何もないところなのです。
タクシーで10分ほどのところにショッピングモールとフードコートがあるそうです。でも、そのうちイスタンブールの大衆食堂で食事がしたいとメンバーは言い出すに違いありません。顧問一人では心細いのですが探検に出かけることにしました。

顧問、ひとりでお買い物・幼児体験編を乞ご期待。

はじめまして、顧問です。

初めまして。
電子工学部顧問です。
2011/ 7/ 4(月)~12(火)まで、ロボカップジュニア世界大会に付き添っています。
今、イスタンブールの会場からです。
ブログ経験が初めてに等しい中、期間中のブログ作成を生徒から頼まれました。
見難いかもしれませんが、よろしくお願いします・・・。

9時、会場入りしました。
P1010324

10時半ころから開会式が始まりました。
P1010338
写真をとって貼り付けている間にk開会式が終わっちゃいました。
開会式が短かったのではありませんよ。

今日は、Team setup & Registration のみなので、ZEROのメンバーは、調整しています。
P1010348


チームのポスターです。残念ながら(トルコ語ではなくて)英語です。
P1010357

続きを読む "はじめまして、顧問です。" »

2011年7月 4日 (月)

本日出発!

今日、イスタンブール(ロボカップ世界大会)に向けて出発します。

頑張ってきます!!